水虫と似た難病に注意、スギ薬局では商品も豊富

足の裏や指のあいだがかゆくなったり、皮がむけてきたりすると、これは水虫だと自分で判断して水虫の薬を買い、それをつけ始めるものですが、その前に気をつけなくてはならないことは、それが本当に水虫かどうかです。実は水虫によく似た皮ふの病気がたくさんあります。水虫は真菌というカビによって起こるものですから、薬は抗真菌薬を用いて治療するのですが、もし他の皮ふ病ですと原因は真菌ではないですから、まったく関係がない薬を買ってきて塗ることになります。いつまで経っても症状は治りません。特に気をつけたいのは、似ているものの中に難病があることです。例えば掌蹠膿疱症という病気があります。これは手のひらなど手足に小さなポツポツができたりして、外見上よく似ています。カサカサして皮がむける典型的な水虫とは違うようですが、水虫の中の小水疱型のものとそっくりなのです。この掌蹠膿疱症は、真菌によるものではなく、それどころか原因がまだよくわかっていない難病です。よって、薬を買う時はしっかり確かめなくてはなりません。薬を買う際、例えばスギ薬局ですと店の中が面積が広く、たくさんの種類の商品が並んでいますから、その中から自分の症状に最適なものを選ぶことができます。水虫の場合はジュクジュク型、カサカサ型、プツプツ型などに皮ふの状態が分かれますが、薬もそれぞれに適したクリーム状、パウダー状、液状などがあり、スギ薬局のような広い薬局ですと各種ひととおり並んでいますから、その中で組み合わせで一番合うものを選ぶことができます。また、スギ薬局なら薬剤師さんも常駐していますから、自分にはどれが合うかを診てもらい、アドバイスしてもらうことができます。プツプツ型と、難病である掌蹠膿疱症は見た目が似ていますから、自分で独断で判断するのではなく、きっちり相談すると安心です。

ページトップへ